ハイ&ローオプションのスプレッドの仕組み

ハイ&ローオプションのスプレッド手数料は?

±0.003円〜±0.006円の枠を出されるか

 

ハイ&ローは投資額が"2倍"か"0"かという非常に解りやすいオプションですが、実はリターン率はバイナリーオプションの取り扱い業者によって異なります。例えば日本で最も有名なGMOクリック証券はリターン率はほぼ100%で、投資金額の2倍が返ってきます。ただし基準となる為替レートのおよそ-0.003円〜+0.006円を「スプレッド(GMOクリック証券ではレンジと呼ばれている)」(売値と買値の価格差)として扱われます。つまり満期時間のレートがこの「スプレッド」内に入ってしまうと、全ての投資が負けて、親(GMOクリック証券)の総取りになってしまうのです。

 

GMOクリック証券のスプレッド(レンジ)の場合

ハイローのスプレッド手数料イメージ

 

銘柄が増える海外業者のウマみとは!?

 

一方、海外のバイナリーオプション業者の多くは国内のように"スプレッド分の親の総取りはありません。仮に開始時刻と満期時刻のレートが±0、つまり同一であれば「引き分け」扱いになり、チケット投資金額が戻ってくるのです。

 

まさに勝ちか、負けかの一発勝負ですが、海外業者の高/低(ハイ[コー]オプションのリターン率は70〜90%です。日本業者に比べて多少低くなってしまうのです。ただし、海外業者ではハイローのチケットを買う開始時刻を、自分で決められるメリットもあります。 自分が好きなタイミングで、好きなチャート(為替の流れ)が来ている時に「ココだ!」と入ることが出来るのです。

 

また海外業者は為替だけでなく、株式銘柄や株価指数、商品相場などのオプション取引も可能です。さらに、高収率オプションを使えばリターン率が200〜400%になることもあります。

 

国内業者のバイナリーオプションは解りやすい代りに、親の総取りがあるものか、基本のリターン率が低い代わりに拡張性のある海外業者か、国内業者での取引に慣れてから、海外業者へ進出するというのもいいと思います。

 

海外業者はスプレッドがない代わりにレート率が悪い

 

バイナリオプション